ダイエットを成功させるためのコツを紹介

ダイエットを何度も失敗して繰り返し、痩せにくい体を作ってしまわないために、ダイエットを成功させることが大事です。うまくコツをつかんでダイエットを成功させましょう。

過度な我慢や無理な努力は絶対にしない

ダイエットに我慢や努力は必要ですが、自分の限度を超えた努力や我慢はストレスがたまるばかりで、痩せる前にダイエットをあきらめてしまう原因になります。また、過度に食欲を押さえつけるとあとから抑えきれないほどの食欲が襲ってきたり、体に必要な栄養が足りないために毛が抜けたり貧血を起こしたり、体がぼろぼろになりダイエットどころではなくなってしまいます。さらに、度が過ぎると摂食障害という病気になってしまうこともあるので、過度な我慢や無理は努力は絶対にしてはいけません。ダイエットは小さな我慢と小さな努力でいつも健康でいられる生活習慣を身に着けることと、いつでもストレスをためないようにすることが大切です。せっかく痩せても不健康では意味がないですからね。

失敗は成功のもと

ダイエット中つい運動をサボったり、たくさん食べてしまってもすぐに自分を責めてはいけません。自分を責めることよりも次から失敗を繰り返さないために、今のダイエット方法が自分に合っているかなぜ失敗をしてしまったのか見直してみる必要があります。ちょっと食事制限し過ぎているのかもしれないですし、運動量が多すぎたのかもしれません。

今までせっかく頑張ってきたのですから、ただ一度食べ過ぎただけでダイエットをあきらめてしまうのは本当にもったいないです。 失敗は誰にでもあります、その失敗をまた繰り返さないようにすることが大事です。いつでも『失敗は成功のもと』と前向きに考え、また次に同じことを繰り返しそうになったら、どう対処したらいいかを考えましょう。気づいたことはメモに残していくようにしましょう!

生活メモをつける

1日の食事や運動量、生活リズムなどをメモするだけで、自分の摂取カロリーや運動による消費カロリーを把握できたり、生活の良くない部分を見直したりなど、自分をうまくコントロールできるようになります。また、書き込むことで自分が食べた物を把握でき、食べ過ぎを防ぐこともできます。メモには自分の気持ちを書くことをお勧めします。気持ちを書くことでストレス解消や自分を見つめなおすことができ、心の安定にもつながります。書くことが嫌いでなければぜひやってみましょう。

自分の裸を鏡で見る

お風呂の時間にでも鏡に映った自分の裸をじっくり見ましょう。自分の体を見ることで、自分の体のどこに肉がついているのか、どこをシェイプアップしたいのかがわかり、ダイエットのやる気につながります。自分の姿を見るのは嫌だとか余計にストレスになると思うかもしれませんが、やはり今の自分としっかり向き合うことが大切です。自分の現状を認めて把握することでダイエットへの意識も高まります。ダイエットをして体重が少しでも減ると、体にも変化が現れるので励みにもなります。恥ずかしがらず様々な確度から今の自分を見てみましょう。

ダイエットを宣言する

周りの人に「私はダイエット中です!」と宣言すると、くじけそうになったときなどに周りの人たちが応援をしてくれたり、 監視役になってくれたりします。宣言をしていると食べ物を進められたり食事に誘われたりしても断りやすくなります。

けれど、ダイエット中なのをいいことに、食べ物を目の前にちらつかせたり、わざとらしくおいしそうに食べて見せたりするような、非協力的な人も世の中にはいます。このような人がストレスになる人は宣言をするのはなるべく協力的な人だけにしたり、宣言をするのは止めておいたほうがいいかもしれません。その場合は、自分に宣言することもおすすめです!紙に「ダイエット中です!」と書いたり、目標を書いたりして目の付くところに張っておくといいでしょう。

一緒にダイエットをする人を見つける

ダイエットは一人でやるよりも誰かと一緒にする方が励みにもなり成功しやすくなります。一人でやっていると誰にもダイエットの愚痴を言えなかったり、達成したことを褒めてもらえなかったりとストレスがたまりがちです。誰かと一緒にダイエットをすると、お互いを監視したり、ライバルになったり、励ましあったりもできたり、一人ではつい気が緩んでしまうときでも、 心強いみかたになってくれることでしょう。家族や、仲のよい友達を誘って一緒にダイエットするのはとてもいい効果があると思います。

ついつい自分だけになってしまわないように、一緒にダイエットしている人のサポートも忘れないようにしましょう。 何かを達成できた時はお互いに褒め合うことが大切です。ライバル意識が強い人とでは逆効果になることもあるので気をつけましょう。

達成できる目標をつくる

あまり大きな目標を立てると、ほとんどの場合なかなか達成できない自分にイライラしたり、「もう無理!」とすぐにあきらめてしまいます。ダイエットはゆっくり続けていくことが大切です。目標は小さくして我慢も小さくて済むようにしましょう。

「1ヶ月1キロ落とす」や「1ヶ月で体脂肪率を1%減らす」くらいの達成しやすい目標にすると、我慢も小さくあせる気持ちも無く、無理と思ってあきらめて しまうこともなくなると思います。達成できることで次の月も頑張ろうと意欲がわいてきます。

体重を測らない、カロリーを計算しない

体重やカロリーばかり気にして神経質になり、増減に一喜一憂していては気持ちが持ちません。人はだれでも1日の消費カロリーやトイレに行く回数などが違い、太ったわけではないのに体重が減らないこともあります。体重で一喜一憂してしまう人は何日かに1度測る程度にしてみましょう。

摂取カロリーも気にし過ぎてストレスになる場合は細かく気にしないようにしましょう。自分がどのくらいのカロリーを摂取しているか把握することは大切ですが、摂取カロリーもすべてが体のエネルギーになるわけではないですし、同じカロリーでも体脂肪になりやすい物となりにくいものがあるので、毎回細かく計算する必要はありません。カロリーを計算するストレスもダイエットが失敗に終わる原因でもあるのです。カロリーを計算するよりも、食事の内容を見直し体に良い食事に変えましょう。

停滞期をうまく乗り越える

ダイエットをしているとあるとき急に体重が減らなくなったり、逆に増えてしまう時期があります。この時期を「停滞期」といいます。停滞期は体が食事の量や体重が減ったことに対して危機感を感じ、少しのエネルギーで体を動かるようにしたり、今まで以上に食べ物から栄養を吸収しようとするためにおこります。停滞期はどんなダイエットでも起こり、この時期をうまくの切れるかでダイエットが成功するか失敗に終わるかが決まってきます。多くの人は停滞期に入ると食事制限を厳しくしたり運動量を増やしても思うように体重が減らないので、ストレスがたまりドカ食いをしてしまったり、ダイエットを止めてしまいます。

停滞期は体重を減らそうとしてもなかなか減らないので、増やさないことを続けましょう。食事制限や運動の量を少し軽めにして体重を維持したり、食事の内容を見直し足りない栄養素があれば補ったりして、停滞期が過ぎ去るのを待ちましょう。停滞期にはあまり体重計に乗らないようにしたりして、ストレスがたまらないように 今までどおりのダイエットを続けましょう。

ダイエットに集中しすぎない、ダイエットを楽しむ

ダイエット中は常にダイエットのことばかり考えていたのでは、余計なストレスがたまります。 あまり気にしすぎないのもよくないですが、あまり考えすぎないようにしましょう。

ダイエットはつらいイメージがありますが、そのイメージを楽しいものに変えてみましょう。例えば、運動中に好きな音楽をかけてテンションをあげたり、食事を作るときに新しい料理を考えたりきれいに作ったりして、何でも楽しみながらダイエットをしましょう。 ダイエットは辛いと思うとなかなか長続きしないので、辛いと思うことは楽しくなるように改善してダイエットをするといいと思います。

どこかで食べたいものを見つけたけど、食べるのを我慢した時やほかの食べ物で我慢したとき、その食べたかった食べ物の分の金額を貯金する『食べたつもり貯金』もおすすめす!貯まれば貯まるほど励みになりますし、ダイエット成功したときにそのお金を自分へのご褒美にできます。ダイエットを続けていればどんどんお金が貯まるので励みになります。けれど、我慢のしすぎには気をつけましょう。それから、ご褒美でドカ食いをして、ダイエットを無駄にするようなことだけは避けましょう。食べ物より欲しかった服やアクセサリーなどを買うのがおすすめです。ダイエットの成功にご褒美があると思うと楽しみですね!

などなど自分のダイエットに合ったコツをうまくつかんで頑張ってみましょう!
考え方だけでダイエットはつらくくもなりますし、楽しくもなります。 楽しくストレスの少ないダイエットをはじめましょう。

スポンサードリンク

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line

▼人気の記事▼

あなたは何太り?太り方タイプをチェックしてみよう!

知っておこう!生活や運動で消費されるカロリーについて

カロリーカットってこんなに簡単!今日からすぐできる簡単カロリーカットでダイエット

自分の体が1日に必要なカロリーを知ろう

何かしながらできる簡単ながらエクササイズ!

スポンサードリンク