正しいダイエット ダイエット情報サイト

BMI値自動計算

BMI(Body Mass Index)値とは

国際的に使われている体格指数の事です。
肥満度を判定する目安とされています。
日本肥満学会では標準値を22としており、22では有病指数が低くいですが、25以上では高血圧やこうし高脂血症、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすいとされ、18未満では肺炎や結核などの発病率が高いそうです。

計算式 BMI=体重kg/(身長m)2

BMI値を計算してみよう!

体重と身長を入力し[計算]ボタンをクリックしてください

身長: cm
体重: kg



BMI:
判定:
肥満率: %
理想体重:
区分 BMI値
肥満 25.0以上
肥満ぎみ 24.0以上、25.0未満
正常 20.0以上、24.0未満
やせぎみ 18.5以上、20.0未満
やせすぎ 18.5未満

BMI値だけでは肥満は判定できない

体重が標準より重いボディービルダーやウエイトリフティングの選手は、筋肉の割合が多く脂肪が少ないので肥満とは言いません。このように体重が重い=肥満ではないのです。それとは反対に体重が軽い=肥満ではないとも言いえないのです。ですから、BMI値の判定が痩せでも肥満でも本当の肥満かどうかはわかりません。

肥満は体重に占める脂肪の割合でわかります。いわゆる体脂肪率と言われるものです。体脂肪率は知るには体脂肪計で測る必要があります。最近では体脂肪計が安価で売っていたり、多くの体重計に体脂肪計がついているので、BMI値だけでなく体脂肪率も測定しましょう。

適正体脂肪率
男性 女性
30歳未満 30歳以上 30歳未満 30歳以上
14〜20%:適正
25%以上:肥満
17〜23%:適正
25%以上:肥満
17〜24%:適正
30%以上:肥満
20〜27%:適正
30%以上:肥満


BMI値が18未満でのダイエットは危険です!

最近は痩せている女性が多く、BMI値が18未満でも痩せていると思えない人も多くなっています。ですが、BIM値が18未満でダイエットをするのはとても危険です。もし、体脂肪率が高くてもダイエットするのではなく運動で脂肪を減らし筋肉を付けるようにしましょう。食事は制限せずしっかりと栄養バランスのとれた食事を取りましょう。

筋肉は脂肪より重いので体重を減らさなくても筋肉に変えるだけで引き締まって見えるのです。そして筋肉を付けることで見た目も、たるみの無いメリハリのある体になれるのです。