ダイエット中の外食の選び方と注意点

外食は高カロリーになりがちなので、ダイエット中は特に気をつけてお店やメニューを選ぶようにしましょう。
最近は健康志向のお店が増え、野菜たっぷりで低カロリーのメニューがあったり、メニューにカロリーを表示してあったりするお店が多いですが、中華や洋食、ジャンクフードは高カロリーな物が多く、仕事終わりでお腹が空いているときや隣の席からいいにおいがしてくるとき、お酒を飲んでいるときはつい食べ過ぎてしまうので気を付けたいですね。

ダイエット中の外食で気を付けたいポイント

  • カロリーをチェックする(メニューに記載してある場合)
  • 洋食や中華より和食を選ぶ
  • 油をあまり使ってなさそうなものを選ぶ
  • 根菜類を多く使ったメニューや噛む食材が多い物を選ぶ
  • 揚げ物やピザなど明らかに高カロリーなメニューは避ける
  • 注文時に「○○少なめで」や「○○抜きで」など脂っこい物をなくすようにできるか頼んでみる
  • 一度にたくさん注文しない、量が多い物は頼まない
  • カロリーの低そうなスープ類や汁物を付ける
  • もったいなくても食べられないときは残すかテイクアウトする
  • 高カロリー食を好む人と外食しない
  • ゆっくり味わって食べて食事を楽しむ
  • 食後のデザートは止めて、コーヒーを飲む
  • お酒を飲んでいるときはご飯やパン、麺類を頼まない
  • おつまみはあっさり目の物を選び、一度にたくさん頼まない
  • 残す物は早めに下げてもらい、いつまでも机の上に置いておかない。

外食のカロリーを上手にカット

  • オイルドレッシングはできる限り控える。すでにかかっている場合は落として食べる。
  • ラーメンのスープはできるだけ残す。
  • ドリンクはお茶やコーヒーにする。
  • パンにはバターやマーガリンを付けない。
  • 最初にデザートを注文しない。食べたい時は食事が終わってから考える。
  • 汁やご飯から食べたり、良く噛んで食べたりして満腹感を得る。
  • 脂っこいソースはあまり付けない。
  • おつまみは枝豆などちまちま食べられる物を頼む

ダイエット中は特に避けたいメニュー

  • オムライス(見た目以上にカロリーは高いです)
  • ドリア(チーズたっぷりは×)
  • カツ丼、天丼など揚げ物系の丼物
  • 中華定食(麻婆豆腐、酢豚、など)
  • フライ定食(エビフライ、かつなど)
  • かた焼きそば
  • クリーム系のスパゲティ(カルボナーラなど)
  • カレー(ポーク、ビーフなど)
  • ピザ
  • 焼き肉定食
  • 脂っこいおつまみ
  • ハンバーガーとポテト

明らかにカロリーが高く脂っこい物は避けるようにしましょう。

ダイエットは自炊が一番

外食では食事のバランスを考えたり、余分なカロリーを取り除くことができないので、ダイエット中は自炊をお勧めします。今まで外食ばかりで自炊をしたことがない人はめんどくさいと思うかもしれませんが、難しい料理をする必要はありません。レトルト食品を使用したり、お総菜を利用するのもOKです。まずは食事の内容やバランスから見直すようにします。例えば付け合わせをカロリーや脂肪分の少ない物に変える、ご飯をやパンを玄米や雑穀を使ったものに変える、調理する時は油の量を減らす、調理方法を工夫してカロリーをカットするなど、自炊ではちょっとした工夫でカロリーがカットできます。

スポンサードリンク

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line

▼人気の記事▼

あなたは何太り?太り方タイプをチェックしてみよう!

知っておこう!生活や運動で消費されるカロリーについて

カロリーカットってこんなに簡単!今日からすぐできる簡単カロリーカットでダイエット

自分の体が1日に必要なカロリーを知ろう

何かしながらできる簡単ながらエクササイズ!

スポンサードリンク

▼同じカテゴリの記事▼

ダイエット中の基本的な正しい食事制限について

食習慣を変えるだけの簡単ダイエット方法!同じ食事でも痩せられる?

カロリーカットってこんなに簡単!今日からすぐできる簡単カロリーカットでダイエット

同じ食材でも調理法を変えるだけで大幅カロリーカットができる方法

ダイエット中の朝食の選び方やおすすめメニュー

ダイエット中の昼食の選び方やおすすめメニュー

ダイエット中の夕食の選び方やおすすめメニュー

ダイエット中の夜食の選び方やおすすめメニュー

ダイエット中の間食はとる?とらない?

ダイエット中の外食の選び方と注意点

ダイエット中もやっぱり飲みたいお酒!上手な飲み方とお酒の選び方

ダイエット中に欠かせない栄養素の紹介!

ダイエット中は食物繊維を積極的に摂ろう!食物繊維の働きについて