ダイエットに使える栄養素辞典 生活習慣病カテゴリ

自分に必要な栄養素選び&サプリメント類を使用する際のポイント

  • 市販のサプリメントの作用を知り、自分のタイプにあったサプリメントを選ぶ
  • 原材料、内容量をなど必ずチェックする
  • 運動を合わせてすると効果がUPするものや、運動しないと 効果が現れないものもあるので確認する

サプリメントを利用する際の注意事項

  • 摂取目安量を必ず守り、過剰摂取をしない(過剰摂取すると体に悪影響になるものもあるため)
  • 原材料を確認し、食品アレルギーがある場合は服用しない
  • 薬などを服用している場合は医者と相談する
  • 妊娠中の場合は医者に相談してから服用する

注意:効果には個人差があり、すべての方に現れるとは限りませんのでお気をつけください。

生活習慣病
イソフラボン ビタミンE 杜仲
ギムネマ ガルシニア シトラスアランチウム
リノール酸 共役リノール酸 カテキン
リコピン ポリフェノール ローヤルゼリー
ビール酵母 ブルーベリー

イソフラボン(大豆イソフラボン)について

ダイズイソフラボンとは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすると言われています。エストロゲンは乳腺の発達や子宮や卵巣などの生殖器に働きかけたり、女性らしい体を作る働きがあります。エストロゲンが低下するとホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、更年期障害、骨粗鬆症、不眠、のぼせ、ほてり、全身倦怠感、精神の不安定など様々な症状が現れます。

エストロゲンは40代半ば頃から減少してしまいます。その影響で肌のハリがなくなりしわやたるみが増え、脂肪を貯めこ見やすくなり体重が増加してしまい、更年期障害で様々な症状が出ます。エストロゲンは加齢だけでなく、過激なダイエットやストレス、睡眠不足などでも減少してしまいます。まだ若いのに更年期障害のような症状が出ている人は注意が必要です。

上記のような不調が現れた時はエストロゲンに似た働きをするイソフラボンを摂取する事で抑制できると言われています。けれど、エストロゲンは過剰に摂取し過ぎると発がんリスクを高めてしまうこともあるので、適量を守って使用することが大切です。ダイエットで生理が不順になってしまったり停止してしまった人は、ダイエットの影響で女性ホルモンのバランスが乱れている可能性があるので、一度病院を受診しましょう。

こんな人は摂取をおすすめします

    ビタミンEについて

    ビタミンEとは脂溶性ビタミンの1つです。ビタミンEは、抗酸化作用により酸化による細胞の老化を予防、動脈硬化、生活習慣病、血行不良の改善、冷え性、しみ、しわ、肩こりの予防などの働きがあると言われています。

    こんな人は摂取をおすすめします

    • 肌の調子が気になる人
    • 生活習慣病の予防
    • 血行改善
  • お肌の調子が気になる人
  • 更年期障害が気になる人
  • 中性脂肪が気になる人

杜仲について

杜仲とは中国原産の落葉高木で樹皮は漢方薬として古くから使用されています。杜仲は五大漢方薬のひとつであり中でも不老長寿の薬として珍重されていたと言われています。

杜仲の葉はお茶として利用され、杜仲茶には副交感神経に作用するゲニポシド酸という成分が含まれています。ゲニポシド酸は副交感神経を刺激し、血管を拡張させ血圧を下げる働きや、肝臓の機能を活発にさせ脂肪の代謝を促進させる働きがあります。その他に、利尿作用や大腸の蠕動運動を促進させるなどの働きも有ります。

ダイエットだけでなく、高血圧や糖尿病など生活習慣病の予防に効果があるので、健康維持のために利用するのもいいでしょう。杜仲茶はカフェインが含まれたおらず、副作用もないと言われているので安心です。腎臓が弱っている人や高血圧の薬を飲んでいる人は摂取する前に医者に相談しましょう。杜仲茶は過剰摂取は避け毎日適量を続けて飲むことが大切です。

こんな人は杜仲の摂取をおすすめします

  • 体脂肪が気になる人
  • 生活習慣病を予防したい人
  • コレステロールが気になる人

ギムネマについて

ギムネマとはガガイモ科の植物で、インドでは2000年以上前から糖尿病の民間治療薬として利用されてきました。ギムネマには甘味を感じなくなる作用と、糖分の吸収を阻害する作用があります。

ギムネマのまず甘味を感じなくなる作用とは、ギムネマを口に含むとギムネマに含まれるギムネマ酸が舌にある甘味を感じる甘味受容体と結合し、ショ糖との結合を阻害するために起こります。ギムネマを食べた後、砂糖はざらざらと砂のように感じチョコレートは甘味が無くドロドロとした食感だけになてしまいます。そのため、甘いものが美味しくないので食べなくなるという効果がありますが、甘い物は心を癒す効果もあるので、ダイエット中に甘い物を制限し過ぎてストレスがたまってしまわないように気をつけましょう。

ギムネマの糖分の吸収を阻害する作用とは、摂取した糖分は小腸で吸収されるのですが、ギムネマを糖分と一緒に摂取すると小腸で吸収されるのを阻害します。糖分の吸収が抑えられる事で血糖値の急上昇が抑えられ、肝臓などに蓄積された脂肪を消費したり、脂肪の蓄積を防ぐこともできます。また、小腸で吸収されなかった糖分は大腸で善玉菌のえさとなるので、腸内環境を整え便秘の解消に役立ちます。けれどギムネマは糖分だけでなく鉄分の吸収も阻害してしまうので特に貧血の人や女性は注意が必要です。また、糖尿病の治療を受けている人は使用する前に医師に相談しましょう。

こんな人はギムネマの摂取をおすすめします

  • 甘いものが好きな人
  • 間食をしてしまう人
  • 糖尿病の予防に
  • 便秘の人

ガルシニアについて

ガルシニアとは東南アジアなどに自生する常緑樹の果実で、マンゴスチンと同じ仲間です。インドやスリランカでは酸味付けのスパイスとしてカレーなどに利用されています。

ガルシニアの乾燥果皮中には、ヒドロキシクエン酸(HCA)が多く含まれており、このヒドロキシクエン酸は糖質を分解する酵素の働きを抑制し、体内に蓄積されるのを抑える働きや、空腹感を感じにくくする働きがあると言われています。ですが、効果は有効であると言うデータと有効でないと言うデータがあるようなので、はっきりとした効果については断言できません。

厚生労働省の主催による薬事・食品衛生審議会は動物による長期毒性試験で精巣が委縮するという報告がなされました。この実験でガルシニアの摂取量は市販のダイエット食品の摂取目安量の約10倍です。商品に記載されている摂取量を守っていれば直ちに人体に影響出ることはありませんが、過剰摂取しないように注意することが大切です。

こんな人はガルシニアの摂取をおすすめします

  • ご飯、麺類、甘い物が好きな人
  • 体脂肪が気になる人
  • 食事制限が苦手な人

シトラスアランチウムについて

シトラスアランチウムとは日本ではダイダイとして知られている果実で、薬味や着色料として利用されています。中国では漢方薬として利用されています。シトラスアランチウムに含まれるシネフリンという成分は脂肪細胞を刺激し蓄積された体脂肪の分解を促す働きがあります。その他に空腹感を抑える働きもあります。

シトラスアランチウムは体脂肪の燃焼を促すので、運動前や活動前に飲むと効果的でしょう。うまく利用することでダイエットや健康維持に役立つ成分ですが、期待し過ぎて過剰摂取をしたり、カフェインなどの刺激物と同時に摂取したりしないように気をつけましょう。

こんな人はシトラスアランチウムの摂取をおすすめします

  • 体脂肪が気になる人
  • 運動をする人

リノール酸について

リノール酸とは人間の体内では合成することができない必須脂肪酸で食べ物から摂取する必要があります。リノール酸には血中コレステロール低下、高血圧の予防や改善、動脈硬化の予防などの働きがあります。

リノール酸は植物性油脂やナッツ類に含まれています。リノール酸を過剰に摂取すると副作用があると言われているので、サプリメントなどは用法や用量を必ず守って摂取するようにしましょう。

こんな人は共役リノール酸の摂取をおすすめします

  • 生活習慣病の予防に

共役リノール酸について

共役リノール酸(CLA)とは不飽和脂肪酸の一種でわずかに乳製品や肉など含まれています。共役リノール酸には脂肪を分解する酵素に働きかけ、脂肪の燃焼を活性化させる働きや、蓄積された体脂肪の燃焼を促す働き、脂肪の蓄積を予防する働きなどがありダイエットに役立ちます。

共役リノール酸はその他に癌の抑制や生活習慣病の予防に効果がありますが、主に乳製品や羊肉、牛肉などの肉類に含まれているため、摂取目安量の約2,000mgを食事から摂取するのは難しいので、サプリメントを利用すると良いでしょう。

こんな人は共役リノール酸の摂取をおすすめします

  • 生活習慣病の予防
  • ダイエット中の人

リノール酸について

リノール酸とは人間の体内では合成することができない必須脂肪酸で食べ物から摂取する必要があります。リノール酸には血中コレステロール低下、高血圧の予防や改善、動脈硬化の予防などの働きがあります。

リノール酸は植物性油脂やナッツ類に含まれています。リノール酸を過剰に摂取すると副作用があると言われているので、サプリメントなどは用法や用量を必ず守って摂取するようにしましょう。

こんな人は共役リノール酸の摂取をおすすめします

  • 生活習慣病の予防に

カテキンについて

カテキンとはポリフェノールの一種で緑茶に多く含まれており、とても強い抗酸化作用や抗菌作用があります。抗酸化作用とは体を老化させたり生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する働きです。活性酸素は強い殺菌作用があり病気の撃退する働きがありますが、活性酸素が増え過ぎると細胞を傷つけてしまいます。活性酸素が増える要因は喫煙、加齢、食品添加物、ストレス、大気汚染などです。

カテキンは上記の他に動脈硬化症の予防、血中コレステロールの調整、発ガン抑制、中性脂肪や血圧の上昇抑制、血糖値の上昇を抑制など様々な効果があり、高濃度茶カテキンは脂肪を消費しやすくする働きがあるといわれています。運動前などにカテキンを取ることで脂肪の燃焼に関係する酵素が活性化され、体脂肪の燃焼が効率よく行われます。カテキンはダイエット時の運動前に積極的に摂取するだけでなく、日ごろから摂取することで健康な体の維持にも役立ちます。

カテキンは毎日適量を継続的に摂取することで効果があります。効果があると言われる1日1グラムをお茶から摂取しようとすると10杯以上飲む必要があるので、サプリメントなどを併用して摂取するのがおすすめです。お茶にはカフェインが含まれているので、過剰摂取しないように気をつけましょう。

こんな人はカテキンの摂取をおすすめします

  • 生活習慣病が気になる人
  • ダイエット中の人

リコピンについて

リコピンとはトマトなどに含まれる赤い色素でカロチノイドの一種です。リコピンには強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは体を老化させたり生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する働きのことで、活性酸素には強い殺菌作用があり病気の撃退する働きがありますが、増え過ぎると細胞を傷つけてしまうので、必要以上に増えた活性酸素をは除去する方がいいのです。活性酸素が増える要因は喫煙、加齢、食品添加物、ストレス、大気汚染などです。

ダイエット中はストレスがたまりやすいので、リコピンを積極的に摂取しましょう。

こんな人はリコピンの摂取をおすすめします

  • お肌の調子が気になる人
  • 生活習慣病の予防に

ポリフェノールについて

ポリフェノールとは植物に含まれている色素や渋み・苦みの成分のことで、ポリフェノールには抗酸化作用で活性酸素を抑制する働きがあるといわれており、生活習慣病の予防やストレスの抑制などの働きがあります。

抗酸化作用とは体を老化させたり生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する働きのことです。活性酸素には強い殺菌作用があり病気の撃退する働きがありますが、増え過ぎると細胞を傷つけてしまいます。活性酸素が増える要因は喫煙、加齢、食品添加物、ストレス、大気汚染などです。

ダイエット中は食事制限からポリフェノールの摂取量が低下したり、ストレスがたまりやすいので、ポリフェノールを積極的に摂取し健康的なダイエットを心がけましょう。

こんな人はポリフェノールの摂取をおすすめします

  • 生活習慣病の予防に
  • ストレスが気になる人に

ローヤルゼリーについて

ローヤルゼリーとは女王蜂のえさで、女王蜂は普通の蜂より約40倍も長生きをし、1日に2000個以上の卵を産みます。そのエネルギー源となっています。
乳白色で舌を刺すような酸味がありクリーム状です。ローヤルゼリーには22種類のアミノ酸やミネラル、ビタミン類を多く含んでいるので、疲労回復や滋養強壮、免疫力アップ、体の機能の活性化など様々な効果が有ると言われています

ローヤルゼリーにしかないデセン酸は美容効果や生活習慣病の予防、自律神経失調症や更年期障害などに良いといわれています。検査をしても悪いところがないのに体調不良が続くなどの場合に使用してみると良いでしょう。ローヤルゼリーは様々な成分を含んでいるので、アレルギーに注意が必要です。

こんな人はローヤルゼリーの摂取をおすすめします

  • 肌の調子が気になる人
  • 生活習慣病の予防に

ビール酵母について

ビール酵母とは、ビール作りに欠かせない微生物で、麦汁にビール酵母を加えると発酵しビールができます。その時にビール酵母は麦汁のミネラル、アミノ酸などの栄養を取り込み増えていきます。ビール酵母にはアミノ酸やビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には整腸作用があり便秘の解消や予防に効果があり、便通を良くすることで新陳代謝がアップしダイエットにつながります。ビール酵母にはたくさんの栄養素が含まれているのでダイエット中の栄養補給にもおすすめです。特にビタミンBは糖の代謝や脂肪の代謝などエネルギー生産に関与するビタミンなので、ダイエット中には欠かせません。

こんな人は摂取をおすすめします

  • ダイエット中の人
  • 肌の調子が気になる人
  • 生活習慣病の予防に

ブルーベリーについて

ブルベリーにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、アントシアニン、亜鉛、食物繊維、カリウム、βカロテンなどが含まれており、中でも有名なのはアントシアニンと言う植物色素で、目の疲れや痛みに効果た有ると言われています。また抗酸化作用もありビタミンEより抗酸化作用が強いことがわかっています。

抗酸化作用とは体を老化させたり生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する働きのことです。活性酸素は強い殺菌作用があり病気の撃退する働きがありますが、活性酸素が増え過ぎると細胞を傷つけてしまいます。活性酸素が増える主な要因は喫煙、加齢、食品添加物、ストレス、大気汚染などです。

ブルーベリーには食物繊維も多く含まれているので、便秘やダイエットにも効果的な食材です。ブルーベリーには様々な栄養素が含まれていますが一、時的に大量に摂取するのではなく、毎日続けて摂取するが大切です。

こんな人はブルーベリーの摂取をおすすめします

  • 目の疲れが気になる人
  • ダイエット中の人
  • 便秘の人

スポンサードリンク

サブページ