拒食症の主な症状とアドバイス

拒食症の主な症状

  • 食事の量が少ししかとれない
  • カロリーを気にする
  • 太ることへの恐怖感が強い
  • 痩せているのに、自分では痩せていると思わない
  • 活発的に行動する
  • 下剤の乱用
  • 自覚症状が無く、治りたいとは思わない
  • 完璧主義者に多い

この他にも人によってさまざまな症状があります。
拒食症は栄養が取れず、心不全などで死にいたることもあるので とても怖い病気です。 

拒食症の方へアドバイス

もし病院へ行くのが嫌でないのなら、今すぐにでも病院へ行き治療を受けてください。できれば摂食障害について専門医のいるところで診てもらうことをお勧めします。一人で行けないときは信頼する人に付き添ってもらいましょう。何年も治らず辛い日々を送っても決してあきらめないでください。

拒食症は心が関係していると言われています。大きなストレスや悩みごとがある人は、一人で考え込まず信頼できる人を頼り、話を聞いてもうといいでしょう。誰かに話を聞いてもらうだけでも心のストレスが解消できることがあります。周りに信頼できる人がいなければ専門の機関に相談をしてみましょう。それ以上悪化させない為に自分から行動を起こし頑張りましょう。

もしあなたが拒食症で、食事をあまりとっていないのなら少しでも食べられるようにすることが大切ですが、急に甘いものや好きな食べものを食べると過食症になる危険性があります。過食症になるともっと長引いたり、今より辛い状態になってしまうので、本当に気をつけてください。まずは、おかゆなどの炭水化物類から少しずつ増やしてとるといいと思います。 今の食事のままでは栄養がとれず危険です。

拒食症の人は食べる勇気が必要です。食べることは人間にとって生きていくうえでとても大切です。人は太るために食べるのではなく、生きて楽しい人生を送るために食べるのです。このまま拒食症を続けちゃんと食事をとらないと病気になったり、大事な体が壊れてしまったり、最悪死にいたる場合もあります。ですから、しっかり食事が取れるようになることが大切です。

もし、痩せているはずなのに自分が太っていると感じているのならば、誰かに自分が太っているか太っていないかを尋ね、太っていないと言えばそれを信じてください。太っていないといわれても太っていると思ってしまう人は、とても危険です。自分が痩せていることを自覚し、これ以上痩せようとしないでください。

自分は痩せていると自覚していて、それでもまだ痩せたいと考えている人は本当に危険です、止めてください。次はやせるのではなく、健康的で人から綺麗だと思われるような体を作りを考えましょう。太るのが怖かったり食べることに対して嫌な気持ちが大きいのなら、たくさん運動をして太りにくい体を作ってみましょう。運動は筋肉がつくだけでなく、精神面にもとてもいい効果が現れます。効果を上げるためにサプリメントに頼ったりしてみるのもいいでしょう。その他に趣味や、やりたいことを見つけるのもいい方法だと思います。いろんなことに目を向けて、自分の知らない世界を知ることもいいと思います。

拒食症を心から治したいと思い行動を起こすことが大切です。しっかり自分を見つめ食べることに対して嫌な気持ちを持たないように、いろいろなことを試してみましょう。何度失敗しても大丈夫です、決して自分を責めないようにしましょう。

これらは、私の体験をもとにしたアドバイスです。すべての方に有効とは限りませんが、何か行動を起こすことが大きな一歩です。治らない病気ではないので、頑張って治していきましょう。また繰り返してしまったとしても、絶対にあきらめずに自分にあった治療法を見つけ、完治に向けて頑張ってください。

スポンサードリンク

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line

▼人気の記事▼

あなたは何太り?太り方タイプをチェックしてみよう!

知っておこう!生活や運動で消費されるカロリーについて

カロリーカットってこんなに簡単!今日からすぐできる簡単カロリーカットでダイエット

自分の体が1日に必要なカロリーを知ろう

何かしながらできる簡単ながらエクササイズ!

スポンサードリンク

▼同じカテゴリの記事▼

摂食障害という病気について

拒食症の主な症状とアドバイス

過食症の主な症状とアドバイス

摂食障害の体験談

ダイエットを始める方へ